読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポポDaily

うつ病無職のたわごとです

毎日ブログが書きたい

気が付けば年が明け、正月気分もままならぬまま2月を迎えた。

うつ病にありがちな気持ちの停滞や激情という症状が落ち着いた今となっては、あまり考えることもなく、ぼーっと日々を過ごしている。

ぼー…としている。

 

こうして考えてみると、これまでの日々のいかに物事を色々考えていたか。

明日の仕事は?あの人とどう付き合おう?今日の反省点は?あのマンガの続きは?部屋を片付けないとな?税金安くならないかな?

今となっては脳みそが疲れ知らずと驚愕するレベルで、色々と考えていた。

 

現在は無である。

なにもない。

少しかっこいい言い方をすると、胃のあたりがじわじわと温かいのを感じているだけだ。

もしくは「脳みそが動かないな」と動かない脳みそで考えている。

 

考えないということはつまり、何もしないということに近い。

必然的にただのんびりと家事をやり、ごはんをたべ、寝るだけの日々だ。

 

メンタル面が落ち着いてきた今、私に差し迫る問題がある。

金がない。

就職だ。

止まった脳みそで仕事につけるのか?

 

ハロワで失業保険の手続きをしながら、考える。

昔は一度聞けば大体理解できたことを、何度も聞き返す。

140字のツイートでも一読では意味がわからず、何度も読み返す。

えっ大丈夫?

本当に社会に出れる?

 

その時に、私はうつ病だった一年半の重みを感じた。

こうも私から思考力を奪い、金も奪い、時間を奪った。

不思議と怒りであったり恨みを抱くことはなく、他人事のように「お~うつ病怖いな~」といった感じである。

 

つまり毎日ブログを書いて、思考力を高められるようになりたいということだ。

あと残業の少ない仕事がしたい。土日休みで。